【復活?】iPhoneの充電器の先が黒くなって使えなくなったら…

このエントリーをはてなブックマークに追加

iPhoneユーザー悩みの一つではないでしょうか。

充電器の端子の先が黒ずんで使えなくなる体験。

その度に正規、非正規含めて買い替えるなんて事。

私もその1人だったわけですが、何とか自力で使えなくなった充電器を復活させようと思います。

黒ずむ原因

検索すると色々出てきます。

過電流によるショート

皮脂による酸化

水分による錆

要は、端子に付着した物が原因で使えなくなっていると…。

ショートに関してはお手上げですが、酸化と錆は何とかなりそうですね。

復活方法

以前Twitterで安全ピンを使って黒ずみを削り取る…という荒技を見かけたんですが……流石に止めておきました。

別の道具を使ってもう少しスマートに行きたいと思います。

準備する物

【ピカール】

見慣れない人が多いのでは?

コレは金属類を磨いてピカピカにする【研磨剤】です。

やる事は安全ピンと同じで、錆びた部分を削ってやろうという事。

違うのは研磨剤の粒子は細かく端子を大きく傷つけない点。

【綿棒】

普段使ってる通常の物で良いです。

無ければ柔らかい布でも大丈夫。

ただし後述しますが、使った綿棒、布は真っ黒になるので注意。

【接点復活液】

これはあれば良い物

あらゆる電子機器の接触が悪くなった時にサッとひと吹きで復活させる凄い奴。

なお原理は不明(笑)

手順

手順と言うほどでもないですが…

黒ずんだ端子を用意し

ピカールを綿棒に付けます。

蓋の裏に付いてる分だけで十分。

多少車に使うワックスのような臭いがします。

気になる人は換気しながら作業しましょう。

あとは端子の先を満遍なく歯磨きの要領でゴシゴシ。

そんなに力は要らないですが、なでる程度では厳しいので調整してください

ピカール付きの綿棒で磨いた後は、新しい綿棒で端子に残っているであろうピカールを拭き取り。

この時点で大体OK

綿棒が真っ黒になってかなり汚れが取れた気分に(実際取れてるんだけど)

最後にダメ押しで【接点復活液】を振りかけても良いですね。

吹付すぎたら拭き取ってください。

まとめ

ピカール最小缶でも400円程度とかなりお得。

ネットで変えない人は近くのホームセンターで探してみてください。

近くのホームセンターではカー用品の棚にありましたよ。(店によって違うので店員に聞くのが一番手っ取り早いと思う)

磨く前

磨いた後

あと、余ったピカールは金属全般を磨くことが出来るので、指輪などのシルバーアクセサリーが鏡のように綺麗になります。(写真じゃイマイチですが・・・。)

浴室のカラン(蛇口)とか水垢こびり着いていたらゴリゴリ取れる。

注意点としては塗装やコーティングされている金属に使うと、塗装が剥げちゃう。

あと人体にあまり良い物ではないのでキッチンなどには使わない方が吉(使ったあと綺麗に拭き取れば問題なし)

あとは・・・・作業自体は非常に簡単なので「充電器先が黒くなって潰れたの?100円くれたら復活させてやるよ?」って友達に持ち掛けてお小遣いを稼ぐことも・・・ゲフンゲフン

色々なことを書きましたが、全て※自己責任※でお願いしますね。

私の場合は回復しましたが、別の要因で充電器が壊れている可能性もあるので確実に治る方法じゃないです。

なのでこの方法でダメだったら別の方法を探すか、諦めて新しく買ってください・・・。

役に立つ情報だったらツイッター・フォロー・イイネ!をお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

気軽にコメントどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です